JR学生団体割引乗車券を利用しよう
 
クラブ・サークルの合宿や遠征、ゼミ旅行にJRの学生団体割引を利用しましょう。

■学生が8名以上
■教職員(引率者)が1名以上同行
■全て同一の行程が原則
■大学からの証明がもらえること

以上の条件を満たしていればJRの学生団体割引がご利用いただけます。
個々の学割証は必要ありません(学割証が節約できます)
一般の学割を使うよりもずっとおトクなこの乗車券を合宿・ゼミ旅行に、ぜひご利用ください。





JR学生団体割引はこんなにおトク

乗車券(運賃)が、学生50%引、教職員(引率者)30%引
※普通の学割は20%引
※普通の学割はJR乗車距離が101km以上でなければ割引対象になりません




■お申込みが可能な期間ご利用日の9か月前から14日前まで

〈ここがポイント〉
  • ご利用日の1ヶ月前から一般の発売が開始されるので、それまでにお申込みすると席がとりやすいです。

  • 指定席をご利用になる場合、指定保証金(申込人員の9割×300円)をおあずかりします。このお金は代金の一部に充当されますが、人員減少になった場合、その人数分は返金されません。

  • 人数が減員した場合は、所定の取消料が必要です。

  • 普通・快速・新快速も乗車する電車を特定する必要があります。新幹線など特急の自由席も同様にご利用する電車を特定する必要があります。




ご利用の手順


1.サービスカウンターで申込用紙をもらう申込用紙を大学の事務所に提出して証明をもらってください。
大学によって「公認であること」などの条件が定められている場合があります。
2.サービスカウンターで申込する大学の証明の入った申込用紙に、乗車日・区間・人数・希望列車を記入してお申込みください。3.サービスカウンターへ確定人数を報告してくださいご利用日の14日前までに確定人数を報告いただくと、乗車券が発券されます。
※発券後、お渡しには2〜3日かかりますので、あらかじめご了承ください。
4.代金と引き換えに乗車券をお渡ししますお渡し後の減員には所定の手続きが必要です。(JRの駅で行います)5.ご出発出発駅・到着駅の改札で乗車人数の証明を切符裏面に記入してもらってください。6.減員がある場合は大学生協で精算しますご旅行終了後、約1週間以内に大学生協に団体乗車券をご持参ください。所定の取消料を差し引いてご返金します。



※お問い合わせは、生協購買店・サービスカウンターまで。