お酒の強い弱いは生まれつき

アルコールは肝臓でALDH2という酵素の働きで無害な酢酸に変わります。お酒に強い人はALDH2酵素の活性型を持っている人で、弱い人は不活性なタイプです。この酵素活性は遺伝し、後天的に変わることはありません。
また、男女差・体格差等による肝臓のサイズ差も影響すると考えられます。

「酔う」ということは…アルコールで脳が麻痺すること。

体にやさし〜いお酒の飲み方

 

もどる