カゼは「予防」が肝心!

カゼの予防には、まず手洗い・うがいを外から帰ったら必ず実行しましょう。
そして、毎日の食事を好き嫌いなくしっかり摂り、早めに寝て、疲れをためないようにし、冬を元気に過ごしましょう。
カゼをひかないため、また、人にうつさないために気をつけましょう。
 
かえったら、手洗い・うがい・忘れずに 外から帰ったら必ず、石けんで丁寧に手洗い、うがいをしましょう。
また、せきやくしゃみをした後、鼻をかんだ後、たくさんの人がさわっているものに触れたときなどにも、こまめに手を洗うようにしましょう。
ぜったいとってほしい十分な睡眠疲れがたまっていたり、寝不足の状態では、カゼのウィルスに対する体の抵抗力が落ちてしまいます。夜はしっかりと睡眠をとり、疲れをためないようにしましょう。ようふくの着方を工夫しポカポカに寒いからといってたくさん重ね着すると、汗が発散できず、逆に体を冷やして しまうことも。通気性のよい下着を身に着け、足元、首元、腰、おなかを冷やさないよう、靴下、マフラー、腹巻などで工夫しましょう。効率的に体を温めることができます。暴飲暴食をさけバランスのよい食事を暴飲暴食をすると、胃腸が弱ってしまいます。
健康な食生活の基本である、1日3食、赤・黄・緑の食材をバランスよく取り入れることが大切です。特に、鼻やのどの粘膜を保護するビタミンAと抗酸化、抗ストレス作用があり、免疫力を高めるビタミンCを積極的に摂るようにするといいでしょう。
うつさぬよう咳エチケットを守りましょうカゼをひいて、咳やくしゃみが出るときは、マスクを着用するのがマナーです。
マスクがない場合は、ティッシュなど口と鼻を覆って、周りの人にかからないように気をつけましょう。また、予防のためにマスクをすることも有効です。
 
生協おすすめメニュー
豚肉のチゲ鍋風、トマトクリームシチュー、トマトチーズ肉団子、巣ごもり卵、ミニ南瓜煮、豚汁、鮭と玉子の雑炊、クリームうどん、オレンジハーフ、グレープフルーツハーフ など
 

もどる