魚を見直しましょう!

魚は肉と異なる栄養成分を豊富に含み、健康を支える重要な働きを担っています。
近年の魚離れの傾向が高脂血症などの生活習慣病を増やす要因になっている可能性が指摘されています。
 
魚のはたらきたんぱく質 人間の体の大部分は主にたんぱく質でできているので、毎日の食事でしっかりととることが必要です。食品に含まれるたんぱく質を体内での利用しやすさ(アミノ酸スコア)で評価すると、魚の多くが100点満点。肉に劣らない良質のたんぱく質を含んでいます。 カルシウム丈夫な骨や歯の発育に欠かせないカルシウムは、ビタミンDと一緒に摂ることで吸収が高まります。ビタミンDは魚の内臓に豊富。丸ごと食べられる小魚は吸収のよいカルシウムです。 。EPA(エイコサペンタエン酸)・DHA(ドコサヘキサエン酸)EPA・DHAは魚の油に豊富な成分で、血液中の悪玉コレステロールを減らし、高脂血症を防ぐ効果があります。DHAは脳の発達にも不可欠で、胎児は母親の血液を介して、乳児は母親を介して、DHAをもらいますので、お母さんがDHAを積極的にとることも大切です。
脂ののった旬の魚はEPA・DHAたっぷりです。
タウリンタウリンは遊離アミノ酸の一種で、コレステロール、中性脂肪、血圧、血糖値などを正常に 保ってくれます。カキなどの貝類やタコ、イカ、エビなどはタウリンを多く含みます。
タウリンは肉類(内臓を除く)にはほとんど含まれていないので、魚介類で補いましょう。
 
 
生協おすすめメニュー
さんま塩焼き、カレイ唐揚げ南蛮漬、鯖のこんがり焼、浅羽かれい煮つけ、藁焼きカツオのタタキ、かつお胡麻醤油煮、鯖みそ煮、鯖生姜煮 など
 

もどる