しっかり噛んで食べていますか?
 
私たちは毎日いろいろな食べ物を噛んで食べています。普段はあまり意識していない行為かもしれませんが、噛むことは体にとって、とても大切な働きをしています。では、なぜ、よく噛んで食べると体に良いのでしょうか?
「噛むことの効果」について考えましょう。
朝食のプラス効果

しっかり噛むことにより、脳にある満腹中枢が刺激されて「満腹感」を感じやすくなるので、食べすぎを防ぐことになり、肥満防止につながります。
 
朝食のプラス効果

食べ物が細かく砕かれるほか、唾液と混ぜ合わせて飲み込むため(唾液には消化を助ける成分が含まれています)胃や腸での消化・吸収が良くなります。
 
朝食のプラス効果

よく噛むことで唾液がたくさん分泌されます。唾液の働きにより虫歯の菌が活性化しにくくなり、虫歯になりにくくなります。
 
朝食のプラス効果

しっかり噛むことは、あごの筋肉をよく動かすため、その周辺の血管や神経が刺激されて、脳の働きが活発になり、「記憶力」や「集中力」が高まります。
 



おすすめメニュー(歯ごたえのある副菜をプラスしましょう)
きんぴらごぼう、れんこんきんぴら、きんぴらささがき、れんこん土佐煮、15種ヘルシーサラダ、干切大根、インゲン胡麻和え、枝豆入りひじき煮 など
 

もどる