夏を元気に過ごすために

暑い夏の季節となります。この時季は食欲が低下し、のど越しがよい「麺類」を食べることが多くなります。しかし、そうめんや冷麦などだけで食事をすませると、たんぱく質、ミネラル、ビタミンなどの栄養素が不足して夏負けしてしまいます。
麺類を食べるときは、肉、魚、卵などの動物性食品や大豆製品、季節の野菜を豊富に使った“具”を加えて食べましょう。または、“副食(おかず)”と一緒に食べるようにしましょう。
 
腸のはたらき

●夏のスタミナにはビタミンB1の多い食品がカギ!・・・豚肉、うなぎ、枝豆など

●身体の抵抗力をつけるのにビタミンAやCが欠かせない!・・・人参、ほうれん草などの緑黄色野菜、くだもの

●汗と一緒に出ていくカルシウムを積極的にとる!・・・小魚、牛乳、ヨーグルト、豆腐など
 
おすすめ魚メニュー
ロースカツおろし(カレーソースなど)・豚肉の生姜焼き・鶏肉と枝豆炒め・小松菜煮浸し・枝豆入りひじき煮・冷し豆腐(オクラ・黒酢・きのこ・かいわれなど)・グレープフルーツ・オレンジ など
 

もどる