食べていますか?朝ごはん

朝食は生活のリズムを規則正しくする|朝食は一日のエネルギー源となる|生活を朝型リズムにして健康的

朝ごはん抜きは・・・

頭が緻密に働かない
脳のエネルギーはブドウ糖です。しかし朝食抜きでは低血糖のため脳に必要なエネルギーが供給されず脳が十分働きません。従って、集中力も計算効力も低下し、ミスをおこしやすくなります。朝型生活でしっかり朝食を食べると体温も上昇し、脳も午前中から活発に活動しますが、夜型生活では体温が低いために、午後にならないと活動のピークがおとずれません。
栄養バランスがくずれる
1日2食では、必要な栄養素を摂取するのは難しくなります。単にエネルギーの不足だけでなく、潜在性栄養失調や貧血になりやすくなります。
肥満や生活習慣病への近道
朝食を食べないでいると、昨日の夕食(夜食)から昼まで胃はからっぽのまま!空腹感から胃液の分泌が増し、胃炎に進みやすくなります。また、食事間隔が長いと摂取エネルギーの吸収がよくなり、1日の栄養を夕(夜)食に集中して摂ると肥満や生活習慣病へつながります。
からだ全体のリズムが乱れる
私たち人間は体内に生体時計といわれる一定のリズムをもっています。生体時計には消化吸収、体温の上昇、ホルモンの分泌などのリズムがあります。不規則な食事の繰り返しは生体リズムを崩します。栄養素の処理機能の低下だけでなく、ホルモンの分泌や体成分の代謝の乱れ、からだ全体の調和を失うことになります。
 
朝食のプラス効果
体温を上げる
体温を上げるには食事が一番。睡眠中に体温は低下しています。早く体温を上げて活動体制に入りましょう。
血糖値上昇
脳にもエネルギーが十分供給されるので勉強や仕事の能率がアップ。
1日に食べる食品数が増える
栄養のバランスがよくなります。
「噛む」あごの刺激は脳の目覚まし時計
食物を噛むことにより、あごが動き脳にもその振動が伝わり、脳が目覚めます。
便秘解消
朝から胃腸が活発になり、排便もスムーズになります。
 
朝食が食べられなかった時は
●昼まで食事をしないよりは、少しでも早くおなかに入れるほうがよいので、休憩時間を利用して食事をする。

●時間のない時は、パンと牛乳(野菜ジュース)だけで軽くすます。(バナナだけでもOK)
 
 

もどる