寒さなんかに負けない!

体を温めて血行を良くし、新陳代謝を高めよう
基礎代謝も体温も一番下がっている朝、朝食をきちんと食べて体を温めると、パワーが出てきます。朝食を抜かないのはもちろんですが、朝食メニューにも気を配ってください。血行を良くし、新陳代謝を高めるためには温かいものを食べることが大切です。おすすめは具だくさんのスープや味噌汁です。 また、体を温める食材を上手に取り入れて、体の中から温めるようにしたいです。


体を温める食べ物

玉ねぎ/ねぎ/かぼちゃ/ニラ/しそ/生姜/ニンニク/鶏肉/鯛/さば/いわし/アジ/えび など
ポイント1
鍋などを食べるとき、たっぷりの薬味(ねぎ、生姜、しそなど)を 加えて食べるように心がけましょう。
   
ポイント2
魚や野菜などは、生で食べないで加熱メニューにすると消化もよく、体が温まります。
 
 

かぜの予防として|食事面【1】十分なエネルギーをとりましょう。【2】たんぱく質・ビタミンA・ビタミンCを十分とりましょう。(ビタミンCで抵抗力をつけるための野菜・果物を食べましょう)【3】食事をきちんと摂りましょう。|生活面【1】外から帰ったら手洗い・うがいを必ずしましょう。【2】睡眠不足にならないようにしましょう。【3】運動不足にならないようにしましょう。
 
生協おすすめメニュー
・豚肉のチゲ鍋風・チキングリルトマトソース・鯖生姜煮・アジフライ・南瓜煮物・豚汁 など 

もどる