休み中の食生活

休み中だからといって、夜更かし、朝寝坊などの不規則な生活を続けていると体調を崩してしまいます。健康的な生活を送るために規則正しい食生活に努めましょう。
 
夏バテ予防
夏バテの原因は
 
(1) 温度や湿度が上昇するにつれて、胃酸の分泌が鈍くなり胃の活動も低下するからです。→食欲不振
(2) ビタミン類の消耗が高まり、積極的に補給しないと、ビタミン不足にもなります。(特にビタミンB1)→スタミナ不足
(3) 水分をとりすぎるので、胃液がさらにうすめられて食欲不振や必要な栄養素の消化吸収も悪くなります。
放っておくと|だるくて、疲れやすい、ねむい、食欲がない、お腹の調子がよくないなどの「夏バテ」の症状があらわれます。|これを防ぐには
(1) 食欲がないからといって、偏った食事にならないように、しっかりバランスよく食べます。
(量より質の充実、朝ごはんもちゃんと食べる、冷たい麺ばかり食べない、などです。)
(2) 清涼飲料水の飲みすぎは、食欲不振につながるので飲み過ぎないようにします。
(ビタミンB1が消耗します。)
(3) 暑いからといって冷房づかりにならないように、適度な運動をして汗を流しましょう。
(4) 寝不足にならないよう睡眠を十分とりましょう。
 
夏を乗り切る食生活のポイント
(1) ビタミンB1を含む食品をたっぷりとりましょう。
豚肉やうなぎ、大豆製品、ごま、胚芽米など。
(2) たんぱく質を十分とりましょう。
(3) ビタミンAで体に抵抗力を、ビタミンCでストレス穏和。
人参、にら、小松菜、トマト、ほうれん草などの緑黄色野菜、うなぎなど。
(4) カルシウム源を積極的にとりましょう。
小魚、牛乳、ヨーグルト、豆腐類、小松菜、ひじきなど。
(5) 朝食はしっかり食べましょう。

 
おすすめメニュー
・豚焼肉・豚肉じゃがカレー煮・豚の生姜焼き・豚肉の野菜炒め・枝豆入りひじき煮
・れんこんひじき・黒酢冷し豆腐・おくら冷し豆腐・和風おろし豆腐・ほうれん草胡麻和え
・ほうれん草お浸し・納豆・冷やっこ など
 

もどる