食事は楽しく バランスよく
 
最近、食品の包装やスーパーのちらしなどで“コマ”の形をした「食事バランスガイド」のイラストをよく見かけますが、皆さんはご存じですか?
「食事バランスガイド」とは、平成17年6月に厚生労働省と農林水産省が作成したもので、1日に「何を」「どれだけ」食べたらよいかが一目でわかる食事の目安です。
コマは上から@主食A副菜B主菜C牛乳・乳製品D果物の順で5グループに構成され、食品を組み合わせてバランスよくとれるように“コマ”に例えてそれぞれの適量を示しています。
さあ、皆さんも「食事バランスガイド」で食事チェックしてみましょう!
主食   炭水化物を多く含む「ご飯」「パン」「めん類」です。
例えばご飯(中盛)なら一日に4杯程度が適量という意味です。
副菜   ビタミン・ミネラル・食物繊維を多く含む「野菜」「きのこ」「いも」「海藻」などを主材料とする料理を一日に5〜6皿とる必要があります。
主菜   たんぱく質源である「肉」「魚」「卵」「大豆」等を主材料とする料理で、脂質やエネルギーの過剰摂取に気をつける意味から、3〜5皿と副菜より少なく設定されています。
牛乳・乳製品・果物   それぞれ2皿ずつ。
不足しがちなので、意識してとることを示しています。
水・お茶 は“コマ”の軸とし、食事の中で欠かせないものであることを表しています。
菓子・嗜好飲料 は「楽しく適度に」というメッセージを添え、“コマ”を回す“ひも”で表しています。

“コマ”は食事のバランスがよいと回り続けるが、悪くなると倒れてしまい、回転(運動)することではじめて安定するということを意味しています。
 
主食
副菜
主菜
牛乳・乳製品
果物
女性
5〜7(つ)
5〜6(つ)
3〜5(つ)
2(つ)
2(つ)
男性
7〜8(つ)
6〜7(つ)
4〜6(つ)
2〜3(つ)
2〜3(つ)

組み合わせ例
 
主食
副菜
主菜
牛乳・乳製品
果物
ご飯・みそ汁
チキングリル和風ソース
ほうれん草おひたし
1.5
1.5
3
-
-
 
 

もどる