もっともっと「ごはん」を食べよう
 
春の緑色の水田が黄金色に輝き、いよいよ稲刈りの季節!おいしい「新米」が楽しみです。しかし、日本は「食文化の欧米化」がすすんだことで、ご飯を食べる量が減ってしまいました。主食である「ご飯」は、100%自給できる食糧です。
 
ごはんを中心とした食事は毎日の元気のもと
−お米の良さ−
栄養素バランスがいい・おいしい・安い・ いつでもどこでも・
調理しやすい・どんなおかずにも合う
 

おすすめメニュー
健康のためには、全摂取エネルギーの55%程度は炭水化物から摂取することが望ましいとされています。その維持のためにも ご飯を主食として+主菜(たんぱく質中心のおかず)+副菜(野菜中心)を揃えた食事をお勧めします。
例えば:ごはん+さんま塩焼+ほうれん草おひたし+みそ汁(豚汁)


もどる