近畿大学生協 BYODサポート

近大生協お薦めモバイルパソコン

近大のパソコン事情が変わる-『BYOD』って何?

近畿大学では、学生が授業や研究のために、自分の携帯端末(パソコン)を持ち込むという、Bring Your Own Device《BYOD化》が推奨されています。これは単に「ノートパソコンを持ち歩く」ということにとどまらず、テキストやレジュメなど必要な資料を大学のネットワークからダウンロードしたり、クラウド上でデータを共有しながら使用する、ということを意味します。
指定されたテキストを購入する、講義でレジュメが配布される、学内のパソコンを使ってデータをまとめたり分析したりする、という旧来の学習スタイルからは様変わりしていきます。近畿大学での学びに必要かつ十分な性能を備え《BYOD化》に適したパソコン選びが大切です。
「自分のパソコンを持ち歩き、大学での勉学・研究に必要な情報やデータをダウンロードし、クラウド上でも共有する」…そのような使い方をする場合、パソコンには一定の条件が求められることになります。
以下、近畿大学生協では 近畿大学KUDOS のBYODページを参考に、近大生のためのパソコン2018(近パソ)のスペックを記載しました。

  • 新入生向け
  • 在校生向け
  • 新入生向け
  • 在校生向け
項目 近畿大学推奨基準 近大生のためのパソコン2018(近パソ) お手持ちのパソコンは使える? 備考
富士通 Panasonic MacBook Pro MacBook
ディスプレイ 対角11インチ以上 13.3(タッチ有) 12.1 13.3 12
プロセッサ Intel系マルチコアCPU Corei3以上 Core i7 Core i5 Core i5 Core m3
メモリ 4GB 8GB 8GB 8GB 8GB
記憶装置 HDDよりもSSD、
容量は256GB以上
SSD 256GB SSD 256GB SSD 256GB SSD 256GB
バッテリー駆動時間 8時間以上 約12時間 約14.5時間 約10時間 約10時間 充電する場所が限られているので自宅で充電し1日中使用できること
キーボード キーボードを有すること
取り外し可能な2in1型でも可
キーボードのないタブレット型の端末はレポート作成など、学習や研究には適さない
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac
画面出力 HDMI出力
MacはType-Cで変換
HDMI
VGA変換ケーブルも同梱
VGA
HDMI出力
変換ケーブル必要、別売 変換ケーブル必要、別売
音声入力 マイク入力端子(モノラル・ステレオ)・オーディオ出力端子(ステレオ) ステレオスピーカー内蔵、デジタル(ステレオ)マイク内蔵 ヘッドセット端子(ミニジャックM3、マイク入力+オーディオ出力) 3.5mmヘッドフォンジャック/マイクロフォン内蔵 3.5mmヘッドフォンジャック/マイクロフォン内蔵
USBポート 2以上 3ポート
(USB3.0)
3ポート
(USB3.0)
2ポート
(USB Type-C)
※別売アダプタでUSB3.0も対応可能
2ポート
(USB Type-C)
※別売アダプタでUSB3.0も対応可能
オペレーティングシステム WindowsまたはMac OS Windows10 64bit Windows10 64bit macOS
High Sierra
macOS
High Sierra
メーカーサポートが切れているものは不可
officeアプリケーション Microsoft社製office
(Word、Excel、PowerPoint)
が使えること

入学後、無料ライセンスからインストールが必要

入学後、無料ライセンスからインストールが必要

入学後、無料ライセンスからインストールが必要

入学後、無料ライセンスからインストールが必要
ウィルス対策ソフトウェア 必ず導入すること ○ (4年) ○ (4年) ○ (4年) ○ (4年)
カメラ 内蔵されていること
DVD等外部ドライブ 指定なし DVDドライブ別売り DVDスーパーマルチドライブ内蔵 DVDドライブ別売り DVDドライブ別売り
重量 薄型で軽量
(1.4㎏以下が目安)
約0.943kg 約0.929kg 約1.37kg 約0.92kg
項目 近畿大学推奨基準 お手持ちのパソコンは使える? 備考
ディスプレイ 対角11インチ以上
プロセッサ Intel系マルチコアCPU Corei3以上
メモリ 4GB
記憶装置 HDDよりもSSD、容量は256GB以上
バッテリー駆動時間 8時間以上 充電する場所が限られているので自宅で充電し1日中使用できること
キーボード キーボードを有すること
取り外し可能な2in1型でも可
キーボードのないタブレット型の端末はレポート作成など、学習や研究には適さない
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac
画面出力 HDMI出力
MacはType-Cで変換
音声入力 マイク入力端子(モノラル・ステレオ)・オーディオ出力端子(ステレオ)
USBポート 2以上
オペレーティングシステム WindowsまたはMac OS メーカーサポートが切れているものは不可
officeアプリケーション Microsoft社製office(Word、Excel、PowerPoint)
が使えること
ウィルス対策ソフトウェア 必ず導入すること
カメラ 内蔵されていること
DVD等外部ドライブ 指定なし
重量 薄型で軽量(1.4㎏以下が目安)

近畿大学生協では近パソサポートパック購入者への新サービスを開始します!

近畿大学《BYOD化》に合わせて近畿大学生協では2018年4月から近パソ購入者に向けたPCサポートセンター(仮称)を新設予定です。PCサポートセンター(仮称)では「近パソサポートパック(有料)」に加入いただいた方に対し以下のサービスを4年間無償で提供を行っています。
詳細はPCサポートセンターページをご覧ください。
パソコンのことで困ったことがあれば、お気軽に相談ください。

  • 初期設定サポート(大学ライセンスofficeダウンロード、ウィルスソフト設定サポート)
  • ハード、ソフトの使い方相談、サポート
  • 4年間無償修理受付(動産保険適用)
  • 修理期間中の代替PCの貸し出し
  • 初期化やバックアップ、OS再インストールなどのサポート
  • Macアップグレードプログラムについてのサポート

その他、物理的サポートやソフトに関するトラブル等も合せて解決します。

お手持ちのパソコン、量販店購入のパソコンの場合は保障内容を確認ください!

既にお手持ちのパソコンや量販店や通販で購入された場合はあらかじめ保障内容を確認してください。《BYOD化》に合わせて自宅や大学内で使用するなど、持ち運ぶ機会が増えてきます。その際に、「壊れてしまった場合」や「壊してしまった場合」の保障も十分に考慮してください。生協の近パソは手厚い保障内容になっているので4年間安心して活用することができます。

必要なソフトはアカデミック価格で購入できます!

大学生協ではソフトウェアメーカーに対して、社会貢献の一環として、通常価格より購入しやすい価格の「アカデミック版」や「学生版」の提供を呼び掛けています。
その中でメーカーから特別価格で提供されたソフトウェアの販売も行っています。

TOP